医療法人双樹会
常滑眼科クリニック

ピアゴ常滑店前

常滑眼科クリニック

近視の進行を抑える点眼薬『マイオピン』



 当院では、マイオピン(0.01%アトロピン)という点眼薬による
 小児期の近視進行を抑える治療を行っております。

治療の対象となる方

1. 6歳~12歳までの中程度(-6D)以下の近視の方。
2. 3ヶ月に1回定期的な通院が可能な方。

治療に関しての注意点

1. 点眼薬1本(5㎖)は両眼用で1ヶ月間の使いきりです。
2. 点眼薬のみの受け取りは出来ません。必ず診察が必要です。
3. 3ヶ月に1回必ず検査と診察が必要です。診察時に点眼薬を回収しますので忘れずにお持ち
   ください。
4. マイオピンは近視の症状を有しているお子様(6歳から治療可能)への処方が推薦されてお
   り、処方の際は最低2年間使用を継続することをおすすめします。
5. 保険適用外(自費診療)となるため保険診療と同日に処方が出来ません。
   後日点眼薬を処方します。

治療費用

◎この治療は保険適用外です。健康保険や医療費助成金制度は適応されません。




よくあるご質問


Q1.どれくらいの期間、治療を継続したらいいのでしょうか?
 A.全員に効果があるわけではありません。
   まず2年間は治療を継続して頂き、効果をみるというのが望ましいと考えています。

Q2.点眼を中止するとどうなりますか?
 A.シンガポールの研究では、2年間治療を継続し、その後点眼を中止して経過を観察しています。その結
   果をみますと、濃度の高いアトロピンを点眼した群ほど、中止したあとに近視が大きく進行するという
   結果になっています。
   つまり濃度の高い群ほど、戻り(リバウンド)も大きくなるということです。0.01%の群は最も戻りが
   小さく、その面からも臨床的には推奨できる濃度と考えられます。

Q3.視力は回復しますか?
 A.基本的には近視が進まないようにする治療であり、視力を回復する治療ではありません。
   しかし、中には視力が回復する方もみえます。ただ、視力の回復効果が長期的に持続するかどうかに関
   しては未知であります。基本的には近視の進行を防止し、視力が悪くならないようにするための治療と
   ご理解ください。

Q4.副作用はどんなことがありますか?
 A.点眼後7~8時間ぐらいまぶしさを感じたり、ぼやけることがありますが、必ず就寝前に点眼して頂けれ
   ば、翌日の生活には特に問題ありません。まれに結膜アレルギーが起こることがございますが、副作用
   がほぼ皆無の良好な近視抑制用点眼液と言われています。

Q5.全身への影響はありますか?
 A.現在のところ報告されておりません。

Q6.オルソケラトロジーとの併用は可能ですか?
 A.可能です。マイオピンをさして、5分以上時間をあけてからオルソレンズを装用してください。

Q7.子供が12歳を過ぎているのですが、治療を受けることは可能ですか?
 A.可能です。現在までにされている報告は6~12歳を対象にしたものですので、臨床的なデータがありま
   せん。しかし、12歳を超えても近視は進行しますし、低濃度アトロピン点眼は近視の進行を抑える可能
   性があります。治療を希望される場合には御相談ください。

Q8.効果がない方もおられますか?
 A.残念なから、効果が出にくい場合もあることが報告されています。まず2年間は治療を継続して頂き、
   効果をみるというのが望ましいと考えています。

Q9.メガネやコンタクトレンズとの併用は可能ですか?
 A.可能です。コンタクトレンズは外した後に点眼して下さい。

Q10.保険適用外なのはなぜですか?
 A.日本で認可されていない点眼薬であるからです。
   多くの大学病院で研究が進められていますが、保険診療の対象に至るまでの有効性を示すデータがまだ
   報告されていません。シンガポール国立大学の臨床試験では近視抑制効果が証明されています。 

あくまでも近視が進まないようにするのが目的の治療です。この治療によって視力が回復するわけではありません。